お金04株価の変化は経済活動に様々な影響を及ぼします。特に、この株価の変化により投資に大きな影響を及ぼし、物価にも変化をもたらす事になるのです。そして、株価の変動により為替市場にも影響を与えることが多いために、投資の際には、この一連の変化について把握しておく必要があります。
株価が下降局面を迎えた場合には、損益の縮小のために、更なる下落を招く事が多くあります。そして、この市場の下落により企業の活動資金にも余裕がなくなってくるので、様々な費用を減らしたり、設備投資の予算を縮小したり、節約をする企業が出てきます。その結果、あらゆる経済活動に影響を及ぼし、資本の移動に慎重になる傾向があります。そして、この市場の停滞は人件費の削減にもつながり、雇用を縮小する企業も出てくることになり、労働賃金も下がりがちになります。その為、株価の下落は経済活動にデフレをもたらし、大きな力として作用するのです。
そして、この市場の傾向から海外の投資家も株を売る動きが強くなる為に、通貨を外貨に換える資金の移動が顕著になり、自国の通貨を売り、外貨を購入する動きが強まります。その結果通貨の価格にも影響を及ぼし、為替市場が大きな影響を受ける事になるのです。