お金02株価と金利というのは非常に大きな関係性があります。これはとても単純であり、理由を知っておくと株価投資をするときに役立ちます。株価下落が起こったときは金利下落が起こることが多いです。これは、少し詳しく説明しますと、株価と為替の関係性にあります。株価というのはそれぞれの企業の価値であり、為替というのは輸出や輸入等に大きな関係があります。例えば、貿易関連の企業というのは為替によって利益が大きく変わってきます。金利が良い方向に動きますと、利益を確保しやすく、それは株価に反映されます。また、株価と金利において、国内で金利の変動があったときはそれによって企業の経営がよくなることがあります。こうしたときは株価が上昇しますし、金利が変動するのですから当然為替も変動します。こうした相関性があるので、株価と金利、または株価と為替をセットでチェックすることは基本でもあります。また、金利変動についてはそれぞれの通貨の相関性もあります。世界において影響力がある通貨と言えばやはりドルでしょう。株価や金利、為替というのはお互いに関連が強いので、どれかにおいて大きな変化があると、それは他にも大きく影響することが多いです。